寝具とまくらの専門店 もりたけ
寝具とまくらの専門店 もりたけ

お問い合せの多い羽毛ふとんの丸洗い(水洗い)について!

     2019/05/13   お布団豆知識, スタッフブログ      admin@moritake

お布団メンテナンスのブログで
羽毛ふとんの丸洗いについてのお問い合せが何件かありましたのでお答えします。

お問い合せ内容を分類すると大きく二つになりました。
1.購入したお店で丸洗いはダメと言われた。
2.購入したお店で丸洗いは不要と言われた。
-------------------------
結論を先に言うと
羽毛ふとんは丸洗い(水洗い)できます。
と言うより定期的な丸洗いをオススメします!
(※ただし当店の様な羽毛ふとん専門のクリーニング取り扱い店に限る)
だって何年も使うんですよ。汗や皮脂で汚れっぱなしはちょっといただけません。
例えば、10年間使用したお布団は一年の内8ヶ月くらいは使用しますから、都合6.7年洗わないパジャマを着てるようなもんですよ。

1.2とも間違った認識とは言えませんが、時代と共に技術革新(丸洗いに関しても)がありますので、今現在は「丸洗いできる」と言うことです。
-------------------------
丸洗いのメリットは3つ(羽毛ふとんに限らずどんなお布団でも)
1.側生地はもちろん詰め物(ダウンボール)も汚れが落ちます。
2.キレイになった詰め物(ダウンボール)はふっくらと拡がり本来の機能を取り戻します。
3.定期的に丸洗いする事で衛生的で機能的に使うことが出来ます。

当店のお得意様で定期的に丸洗いをさせていただいている羽毛ふとんには、羽毛の質にもよりますが、購入後20年経過してもまだふっくらとした状態を保っている例もあります。
これはメンテナンス時に縫製を一部といて詰め物のダウンボールを診断するので確認できます。

★詳しい解説。
一般的には①から④の例の様に「クリーニングは(なるべく)お避け下さい」、または「寝具店・クリーニング店にご相談ください」の注意書きと、「ドライクリーニング」の指定になっていますが、最近は⑤の様に「水洗いと指定してクリーニング店にお出し下さい」と表示されている物も増えてきました。

< ふとんのタグに表示されているクリーニングの注意書き例です。 >










< ※ここで、ドライクリーニングのマークについて説明すると、”側生地の部分汚れ”に関するクリーニング指定なので、ふとん本体は”丸洗い不可”ということです。>

-------------------------

でも・・・素朴な疑問が生じます。
Q1.なぜメーカーの多くは”クリーニング不可”と表示しているの?
メーカーの理由としては
使用中の羽毛ふとんをクリーニング(水洗い)した時に、布団や詰め物が受けるダメージはメーカーとしては推し量ることはできないので、丸洗いによる製品の劣化などは品質管理(保証)に含められません。
ユーザーがクリーニングに出してトラブルが起きても製造メーカーとしては対応できません。ということです。
当然だと思います。洗浄に使う溶剤も様々ありますから検証する事はムリですよね。

Q2.ではなぜ「もりたけ」では表示を無視して丸洗いOKと言うの?
ごもっともです。はい。
理由は”技術革新で丸洗い(水洗い)も羽毛ふとん専門クリーニング業者で安心して出来る”ということなんです。

クリーニング業界が、過去に羽毛ふとんをクリーニング出来なかった大きな理由としては大きく分けて二つ。「羽毛をふっくらと復元出来なかった」「特殊キルト(マスを横並べしたような)の羽毛ふとんの側生地を傷めてしまう」でした。
現在ではカサ高不足や溶剤による羽毛へのダメージも研究されて丸洗いのトラブルはほぼありません。
当店でも過去20年トラブった記憶もありませんし、クリーニング業者もそれだけ自信を持っています。

※ここ重要
当店では布団の種類毎にクリーニング業者が違います。
羽毛ふとんの場合も羽毛を得意とする専門業者に委託します。実は製造メーカーが”ここなら安心”と推奨する業者なんです。「丸洗いはお避け下さい」とか品質表示に明記しといてヘンな話しですが(笑)

ご納得いただけましたでしょうか?
-------------------------
家庭での丸洗いは出来ますか?
というお問い合せもありましたので参考までにお答えさせていただきます。

やってやれないことはないですがオススメは出来ません。
知り合いのふとん屋さんが過去に、とある書籍に掲載されていた自宅洗いの方法で試した結果です。

羽毛ふとんを縦に二つ折りにしてクルクルッと丸めて二ヶ所ヒモでグルッと縛ってお風呂につけ置きで1時間。10分程度もみ洗い(ぬるま湯)をして、すすぎを20分。脱水機にかけて日影干し。かなりの労力だったそうです。
結果は・・・・
羽毛や側生地に染みついた汚れはある程度キレイになったはずですが、布団のカサ高(ふくらみ)が8割程度しか戻らなかったそうです。カサ高が減っては保温力が低下してしまいます。
手順を間違えた?かもねとか笑ってましたけど。
仕方なく業者に丸洗いに出したら元通りカサ高が復元してきたとか(笑)

私自身の体験ではないので何とも言えませんが、高価な羽毛ふとんもありますし皆さん色々と忙しいですから自宅洗いの労力と仕上がりを考えたら業者に出した方がいいと思いますよ。
-------------------------
★お布団のメンテナンス(丸洗い・リフォームなど・仕立て直し)をお考えの方がいらっしゃれば遠慮なく”もりたけ”にご相談下さいね!!
以上、「羽毛ふとんも丸洗いできます」の巻でした!

長野県飯田市伝馬町にある、寝具とまくらのもりたけです。>店舗のご案内はこちら

あなたにピッタリり枕をお造りします。>詳しくはこちら

駐車場は店舗横にあります。。>交通アクセスはこちら

スタッフブログ 信州・飯田で創業100年の寝具販売「東京西川チェーン寝具の専門店」あなたの上質な眠りをサポートします。

Copyright©寝具とまくらの専門店 もりたけ,2019 All Rights Reserved.

アクセス メール PAGE
TOP