寝具とまくらの専門店 もりたけ
寝具とまくらの専門店 もりたけ

お問い合せの多い「エアー」「整圧敷きふとん」「ムアツふとん」の違い

     2019/05/13   スタッフブログ      admin@moritake

★よく聞かれます。まとめましたのでご参考に!
◎どれも西川産業㈱(東京西川)製で、特殊ウレタンを使用し「体圧を点で支える」タイプの健康敷きふとんです。
◎歴史
ムアツふとん:1971年に長期入院患者用の床ずれ防止用マットとして開発され、全国各地の病院で使用されました。当店でも飯田市立病院に定期的に納品しておりました。その後特許期間が過ぎると各社で類似品を発売し、西川産業の子会社で製造元の昭和西川㈱より西川チェーン店以外の寝具店にも供給されるようになり、今では割と乱売になっています。当店でも取り扱っております。(¥39,900円より)

整圧敷きふとん: ムアツふとんの後継機種として2002年に発売され、今年で11年目になりました。ムアツふとんとの大きな違いは、ウレタンの形状にあります。ムアツふとんより凹凸の間隔を狭くし本体の上面、下面にそれぞれ深いスリットを作ることにより、ムアツふとんに比べより一層体圧分散効果と寝心地が向上しました。今では西川の健康寝具で主力商品となっております。より耐久性が高いカーボーンタイプは西川チェーン専門店のみの取り扱いで飯田下伊那では当店のみで販売しています。 (¥105,000より)


コンディショニングマットレス・エアー: 2009年に発売された最新鋭の「体圧分散型」の健康敷きふとんです。 ムアツふとんとの違いは、凹凸部分がより体圧を支える形状に変更され、特性の違う素材を挟み込むことで寝心地を向上させています。整圧ふとんと比較した場合には各項目で劣りますが、価格面ではとてもリーズナブルになっています。この価格とトップアスリートなどが使用して評判が良いことから爆発的にヒット中で、上位機種の「S I 」 や「モバイルマット」「ストレッチマット」など派生系の姉妹品も続々登場しそちらも好評です。西川チェーン専門店のみの取り扱いで飯田下伊那では当店のみの販売です。(¥39,900より)


◎一番素朴な質問で、エアーとムアツはどっちが良いの?
エアーのバリエーションは、01.SI.モバイルマット.ストレッチマットの4種類ですが、ムアツふとんはバリエーションがかなり多いので一概に比較はできません。
参考までとして
ムアツふとん(スタンダード)と、エアー01で比較した場合には、私個人としては「エアー」に軍配があがります。

価格では差がありませんが、機能面では後発のエアー01に軍配があがると思います。

「ムアツふとん」から進化を遂げて登場→「整圧敷きふとん」

「整圧敷きふとん」よりリーズナブル価格で「ムアツふとん」より高機能商品→「エアー」

参考になったでしょぅか。

長野県飯田市伝馬町にある、寝具とまくらのもりたけです。>店舗のご案内はこちら

あなたにピッタリり枕をお造りします。>詳しくはこちら

駐車場は店舗横にあります。。>交通アクセスはこちら

スタッフブログ 信州・飯田で創業100年の寝具販売「東京西川チェーン寝具の専門店」あなたの上質な眠りをサポートします。

Copyright©寝具とまくらの専門店 もりたけ,2020 All Rights Reserved.

アクセス メール PAGE
TOP