寝具とまくらの専門店 もりたけ
寝具とまくらの専門店 もりたけ

西川の「AIR」「整圧敷きふとん」健康マットの何がどう良いの?理由を説明します!

      お布団豆知識, スタッフブログ      admin@moritake

こんにちは!曇り空で雨が落ちてきそうな飯田地方です。もりたけです。

来店されるお客様やWEBからのお問い合せで
「結局健康マットって何がどうカラダに良いワケ?」
がダントツで多いです。
他社製品との比較や購入の決め手となる何かを、寝具のプロとしてザックリと説明をしますね!

健康の源は食事と適度な運動と睡眠。この中で、寝具という切り口から改善を図るための道具(敷き寝具)として開発されているのが各種健康マットです。
現在当店で販売好調の東京西川「AIRシリーズ」「整圧敷きふとん」は、質の良い睡眠をとることで朝の目覚めがパッチリな快適で健康的な暮らしのサポートをする。と言うのが基本概念です。

睡眠は長さではなく質が重要です。成人の場合、毎日6,7時間の睡眠が必要と言われています。
もし毎日6,7時間寝ても毎朝すっきり目覚めることが出来ないという方は睡眠の質に問題があるかもしれません。

睡眠について多くの方は”質の良い眠り”という概念はあまり持たれていません。
ですから健康寝具は比較的に「自分はカラダに障害は無く健康だから使う必要が無い」と思われがちです。
そして、カラダに障害がある方が使用すると、よりはっきりと熟睡できていると認識できるので「買ってよかったなぁ」と言うことになるわけです。

ここで「カラダに障害」というと誤解を生じますので確認しておきます。
a.重い病気で寝ている時間が長く熟睡できない
d腰痛や脊椎の病気などの痛みで目が覚めてしまい必要とする睡眠がとれない。
c.残業などで帰宅が遅い日が多く疲れが取れない。
d.昼間の仕事と子育て家事で寝不足が常態化してるみたい。
e.体調を崩して熟睡ができない。
f.中・高生の子どもが部活で疲れて更に深夜までの受験勉強で睡眠不足になる。

a.bは明らかに重い障害を持つ方ですが、c~fは一時的な障害で一般的には健康体の方です。
一時的に起きる障害は意外に身近に起きてますよね。ここで威力を発揮するのが健康マットです。

●「AIRシリーズ」「整圧敷きふとん」は、特殊ウレタンの多層構造により、カラダの突起部分(肩、おしり、ふくらはぎ、かかと等)を特殊なクッション特製で吸収することで自然な寝姿勢を保ち、カラダとマットの接触面積(仰向け、横向きなどどんな体勢でも)を出来る限り増やすことで、集中していた体圧を出来るだけ均等に分散し面積当たりの体圧を減らします。
その結果として、血行不良を起こしていた要因を取り去り、睡眠中の全身の血行促進→睡眠中の基礎体温の上昇→冷えの予防などの効果により質の良い睡眠をとることが出来る。というモノです。

●他社製品との違いを列挙
・熱に強い。
他社製品は熱に弱い(50℃で変形する)モノあり。電気毛布やアンカで変形してしまう。
・快適に使える年数は8年から最長13年。
他社製品は耐久年数が3年程度がほとんど。
・これ1枚で快適な寝心地が得られる。
他社製品は高額なのに、薄っぺらで補助寝具タイプ(今お使いのベッドや敷きふとんの上に使う)が多い。
・形状、構造(使用する面が凹凸)は似ているが安価なモノもありますが、原材料の成分が全く違うため(原材料のコストが安い)、外観に反して体圧分散効果が期待できない。

●購入する・しないを判断する上で大切なこと。
考え方の中で大切なことは、前述の通り、一般的な寝具では、年齢や体質、体調により要求される睡眠を安定的にとることは難しい、と言うことです。
繰り返しになりますが「自分は健康だから不要」と思われる方でも、残業続きで・・とか、体調を崩して・・・などは必ずありますよね。

その時に健康マットを使用していればきちっとした睡眠をとることが出来て疲れを翌日に持ち越さず快適な生活を続けることができます。

ですから、基本的には体に障害があるから必要、ではなくて健康体の方でも快適で健康的な生活を持続させるためにも健康マットが有効なんです。

●私は現在49歳で「整圧敷きふとん」で毎日寝てます・・ふとん屋なので当然とも言えますけど。
発売直後からですから10年以上です。

その頃は諸々の理由で睡眠時間3~4時間という日がほぼ毎日3年間ほど続きました。
そんな生活の中で、本当に救いになったのが”子どもたちの笑顔”と”整圧敷きふとんです。

整圧敷きふとんのお陰で”睡眠時間以上の睡眠”をとることができました。
整圧敷きふとんと一般的な敷きふとんで同じ睡眠時間で寝た場合、明らかに”睡眠の質”に差が出ます。

ですから来店された同年代の方には次のように説明してきました。
「確かに高額な買い物になりますが、いま働き盛りでちゃんとした睡眠が一番大必要な時期です。子育てにもお金がかかるし大変なことは私自身も同世代として分かります。でもお父さんお母さんが健康でこその家族団らんですよ。このおふとんの効果をわかりやすく説明すると、仮にご主人の今の睡眠時間が6時間とすれば、このマットに換えれば約2割カットの4時間半で同じだけの睡眠がとれます。だから6時間寝れば今まで以上にしっかりと質の良い睡眠がとれて疲労も残さずお目覚めパッチリですよ。これは私の実体験ですから」

本当にこれがすべてですね。
「AIR」は「整圧敷きふとん」と比較すると多少は劣りますが、ほぼ同じことが言えます。
もしご購入に迷っている方にこのブログが参考になれは幸いです!!

【参考】
レム睡眠(深い眠り)・ノンレム睡眠(浅い眠り)という言葉を聞いたことがあるかと思います。
熟睡できて朝の目覚めがすっきりという場合はちゃんと睡眠がとれていて、レム睡眠中に成長ホルモンが分泌され疲労を回復することが出来ます。(子どもの場合は身体の成長に不可欠)
一晩にレム睡眠を周期的に4,5回とることができれば朝の目覚めが良い(質の良い睡眠)とされています。
しかし睡眠時間が長くとれない、寝返りの回数が多い等、レム睡眠に入る回数が減ると成長ホルモンの分泌が不十分で疲労を残すことになります。

※寝返りは必要不可欠ですが、多すぎると睡眠の妨げになります。
寝返りの要因は開明されていませんが、同じ体勢で寝ていると部分的に血行不良が起きます。そこで寝返りをして改善するという、本能的な生理現象とも言われています。

具体的に言うと、カラダがレム睡眠に入ろうとている時に寝返りをするとノンレム睡眠に戻ってしまい、レム睡眠をとりにくくなる、と言われています。

【参考2】
このブログを書くにあたり、ちょっとググってみたら私自身の認識違いや驚愕の事実にたどりついたので参考までに。ホントに驚きです!!

1.磁気を利用した健康商品の真実・・・・ナント(@@;)
磁石から発生する磁力線により血行促進、肩こり改善、快眠などの効果は、限りなく0に近く、プラセボ効果の域を出ない・・・・と言うのが現在の医科学関係者の認識だそうです。
30年近く前には当社でも販売していましたが・・・・。

※プラセボ効果とは
「有ると思えば有るし無いと思えば無い」「効くと思えば効くし効かないと思えば効かない」という人間の心理的な思いこみ

磁気の効果の云々に関しては山ほどの情報がありますから検索してみてください。
下のリンクはわかりやすく説明されたクリニックの院長先生のブログです。

磁気で血行を良くして、コリをほぐすって何が根拠なんだろう?

2.ゲルマニウム・トルマリンなどを使用し健康商品の真実・・・(@@;)
ゲルマニウムを使用して、肩こり改善、疲れが取れるなどの謳い文句は殆どが根拠の無いものだそうです。(@@;)こちらも驚きでした。

スポーツ選手もゲルマニウムのネックレスしてますよね。
以下のリンクは国民生活センターの検証データです。ホントに驚きです。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20090625_1.html

※トルマリンを使用してマイナスイオン効果を謳うものは、医科学的な根拠は仮説の域を出ないが、人体には有用であるという国民生活センターのまとめがあります。
トルマリンを本当に含んでいるモノであれば、効果あり・・ということですかね。

 

長野県飯田市伝馬町にある、寝具とまくらのもりたけです。>店舗のご案内はこちら

あなたにピッタリり枕をお造りします。>詳しくはこちら

駐車場は店舗横にあります。。>交通アクセスはこちら

スタッフブログ 信州・飯田で創業100年の寝具販売「東京西川チェーン寝具の専門店」あなたの上質な眠りをサポートします。

Copyright©寝具とまくらの専門店 もりたけ,2019 All Rights Reserved.

アクセス メール PAGE
TOP