寝具とまくらの専門店 もりたけ
寝具とまくらの専門店 もりたけ

エアー・整圧敷きふとん・ムアツふとんなどの長身対応パーツ

     2019/05/13   お布団豆知識, スタッフブログ      admin@moritake

今日はネットからのお問い合せのご紹介です。もりたけです。

5月6(電話でのお問い合わせ)
ムアツふとんについてお伺いします。息子にムアツふとんを買ったんですが(他店様)、身長が184cmあり、マットが短いため30cmくらい長くしたいのですがどう対処すればよいでしょうか?

以前にもこのブログに記載しましたが
身長170cmを目処に敷きふとんのサイズ(丈)がシングル(S)200cmは身長に対して足らなくなります。
210cmは必要です。
身長180cmを越えるとシングルロングサイズ(SL)210cmでも短くなります。220cmは必要です。
理想は身長+40cmと考えています(頭と足に振り分けて各20cm)

敷きふとんが短いと、結果として枕が落ちる、足がはみ出るなど、熟睡を妨げる要因となります。
これから暖かくなるシーズンは大丈夫ですが、冬は足元に隙間ができて保温力が上がらず寒くもなります。

ですからこのお客様の場合、184+40=224cmが必要サイズとなります。
購入されたのがムアツふとんのため200cm丈なので当然短いです。
販売店さんに少し知識があれば、長身用のロングサイズも別注可能であるとご案内できたと思いますが、販売員さんが170cm以下の方だと”ふとんが短い”っていう感覚が分からないんですね。
これは長身の家族がいる奥様も同じで分からないんです。だから注意してくださいね。
 ↓こんなカンジ

さてそこで、現在使用中の短いマットでどう対応するかというと、「付け足す」しか無いんです。
ムアツやエアー、整圧敷きふとんなどのウレタン系のマットは、フチが垂直(ブロック型)なので、座布団などで代用しても溝が出来てしまい意味が無いんです。
なので同じ素材で付け足して長くします。

今回もムアツふとんのサンプルをカットして側生地を付けて制作し、お買上いただきました。
 ↓こんなカンジ

これを頭の方に付け足します。(足の方だと寝返り時に蹴飛ばしてしまいます)
下側の側生地が長いのはズレ防止のためです。

当店でこの状態でお渡ししておりますが、欲を言えば手芸店で熱溶着か縫いつけタイプのマジックテープを購入して連結するとよいでしょう。

先日お問い合せのお客様には当店で30cmの付け足しパーツを製作し発送しましたが、早速その夜からご使用し快適に寝られるようになったとお礼のメールをいただきました。

もし同じ状態でお困りの方がいらっしゃればお問い合せくださいね!
それと、おふとんを買い替えようかなと思案中で長身の方用でしたら、掛けふとん・敷きふとん何でも超ロングサイズで仕立てることができますのでお問い合わせください!!
ps:ムアツふとん、整圧敷きふとんの長身対応に使用できる材料は、今日現在は手持がありますが、無い時はお断りする場合もありますのでご承知おきお願いします。

長野県飯田市伝馬町にある、寝具とまくらのもりたけです。>店舗のご案内はこちら

あなたにピッタリり枕をお造りします。>詳しくはこちら

駐車場は店舗横にあります。。>交通アクセスはこちら

スタッフブログ 信州・飯田で創業100年の寝具販売「東京西川チェーン寝具の専門店」あなたの上質な眠りをサポートします。

Copyright©寝具とまくらの専門店 もりたけ,2019 All Rights Reserved.

アクセス メール PAGE
TOP